違法薬物服用の男が刃物を手に大暴れ 7人が死傷

東北部ウドンタニ県からの報道によれば、同県で12月5日午後1時半ごろ、男がナイフを手に次々に周りにいる人に襲いかかるという事件が起きた。負傷したのは計7人で、うち2人が死亡した。

約30人に及ぶ警察官に取り押さえられた男は取り調べに対し、「覚せい剤2錠を服用したあと何が起きたか覚えていない」と述べており、犯行の記憶がないとしている。

警察によれば、16歳の少年が首を刺されて搬送先の病院で死亡。22歳の女性が刺されて現場で死亡。17歳の女子生徒、13歳の少年、成人3人の計5人が重軽傷を負った。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る