ミャンマーから不法入国したタイ人7人を逮捕 ヤミ業者が手引き

ミャンマーと国境を接する西部ターク県からの報道によれば、先にタイ人の男4人女3人が不法入国などの容疑で逮捕された。警察の取り調べに対し、7人はタイ国境に近いミャンマー領内にあるカジノで働いていたこと、新型コロナウイルスに感染している恐れのあること、国境検問所から帰国して検疫での検査で感染が判明するのを恐れていたことなどを認めている。

ミャンマーからタイへの不法入国を手助けする業者は以前から存在しており、7人はこの業者に1人当たり9000バーツを支払ったという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る