海外出稼ぎ先斡旋詐欺で54歳の女を逮捕 タイ東北部

東北部カラシン県で警察当局は3月20日、外国での仕事を紹介すると騙して詐欺を繰り返していた容疑で54歳の女をクチナライ郡の自宅で逮捕した。容疑者については、無許可で職業紹介業をしていた容疑、外国での仕事を紹介すると偽り手数料を騙し取っていた容疑などで東北部マハサラカム県の裁判所が逮捕状を発付していた。

容疑者は容疑をすべて否認しているが、警察が容疑者の銀行口座を調べたところ、騙し取った金とみられる総額500万バーツを出し入れした記録が残っていたという。警察によれば、容疑者は昨年、東北部カラシン県でカナダやオーストラリアに行けば月給が約5万バーツになる仕事があると偽って約30人から旅費や手数料として1人当たり17万3000バーツを騙し取っていたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る