20代の男がコンビニで1000バーツの偽札を使い逃走

南部ソンクラ県ハートヤイ郡で先ごろ、1000バーツの偽札を使ってコンビニで買い物をした男が逃走するという事件が起きた。コンビニの店員によれば、「午前2時ごろ、20代とみられる男が入ってきて商品の代金271バーツを支払うため1000バーツ札を出した。しかし、おつりを渡したあと、印刷ににじみがあったため偽札だと気づき、すぐに男を追いかけて問い詰めようとしたが、男は無言のまま車で逃走した」という。車には仲間が2、3人乗っていたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る