米国でタイ人女性2人死亡 過去にも嫉妬で暴力

米国シアトルのアパートで共同生活していたタイ人女性2人が死亡しているのが見つかった事件は、32歳の女性が25歳の女性に恋愛感情を抱いていたものの、何らかの理由で関係がこじれ、嫉妬から25歳女性を殺害した後、自殺したものと警察ではみている。

関係筋によれば、25歳女性は過去にも嫉妬からか32歳女性に暴力を振るわれたことがあったという。司法当局によれば、25歳女性は複数か所を刺されて死亡しており、32歳女性は自ら胸などを刺して自殺したとのことだ。

2人は米国の同じ学校で英語を習っており、知り合って同居することになったという。だが、関係者によれば、32歳女性は25歳女性に恋していたが、25歳女性はボーイフレンドがおり、32歳女性のことを姉のように思っていたにすぎなかったとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る