金製品店主が資金洗浄に関与か 3000万バーツ相当の資産押収

西部カンチャナブリ県で5月27日、関係当局がムアン郡(県庁所在地)にある金製品店の店主の男(32)をマネーロンダリング(資金洗浄)容疑で逮捕するとともに、3000万バーツ相当の資産を押収した。容疑者は違法薬物の密輸などで得た資金を金製品ビジネスに紛れ込ませるなどして犯罪性のない資金に見せかけたとの疑いをかけられている。なお、当局は同日、複数か所を家宅捜索し、複数人を取り調べたが、同容疑者はその1人だった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る