乗り合い自動車運転手が負傷した乗客の外国人女性を放置 パタヤ

タイ東部チョンブリ県の観光地パタヤで11月28日未明、軽トラックを改造した乗り合い自動車「ソンテウ」に乗っていたロシア人女性(26)が急ブレーキのため頭部などを切るけがをしたが、ソンテウの運転手はこの女性を車から下ろして道端に放置し、そのまま走り去った。女性は近くのコンビニに入って助けを求めたが、その時点でまだ出血していたという。

救急隊が現場に到着したのが午前3時半ごろ。女性は応急処置のあと病院に搬送された。現在、ソンテウの運転手の対応に批判が集中している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る