外国人女性殺害事件で警察が「でっち上げ」説に反論

南部プーケット県の山中の滝の近くで観光客のスイス人女性が遺体で発見され事件で、警察は地元民の男を殺人容疑などで逮捕したが、ネット上では「無実の者を犯人に仕立て上げた」といった批判意見が浮上。このため警察当局は、男はれっきとした容疑者であり、でっち上げなどではないと反論した。

容疑者は取り調べに対し、「女性を犯そうとしたが、抵抗されたので、顔を水に押しつけた」と容疑を認めたが、殺意は否認している。容疑者は元キックボクサーで、昨年違法薬物の所持で逮捕されるという前科がある。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る