警察署での容疑者殺害事件 5人逮捕も元署長は逃走中

中部ナコンサワン県ムアン郡の警察署で麻薬容疑者が警官に殺害された事件で、警察は8月25日までに殺害に関与したとされる署長を含む警官7人(すでに全員が免職)のうち5人を捕らえたが、元署長のティティサン警察大佐の行方は現在もつかめていない。

この事件は警官が麻薬容疑者から200万バーツを奪おうと容疑者を責め立てて死なせた様子を撮影したものとされる動画がネット上に流れて世間の関心を集めることになったが、元署長はネットに動画が出る3日前には姿をくらませていたという。これについて、ネット上では「警察の対応が遅く、元署長はすでに外国に高飛びしたのではないか」といった意見も出ている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る