ロマンス詐欺容疑で母親と娘を逮捕 被害男性は老後資金を失う

警察庁犯罪制圧課(CSD)はこのほど、中部サラブリ県在住の母親(63)と娘(33)の2人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。この詐欺はいわゆるロマンス詐欺。この詐欺ではアフリカ人の男がよく逮捕されているが、母親と娘はネット上で自身の個人情報を偽ったり、他人の写真を使ったりするという手口で、知り合った男性たちを騙して送金させていた。

警察が動き出したのは、ある男性から被害届が提出されたからだが、この男性は老後のために蓄えていた約300万バーツのほぼすべてを騙し取られたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る