ミャンマー人密入国者57人を逮捕 カンチャナブリ県

ミャンマーと国境を接する西部カンチャナブリ県からの報道によれば、警察当局は12月11日午後11時ごろ、国境近くの森に潜んでいたミャンマー人密入国者57人(男30人、女27人)を逮捕した。

警察によれば、ミャンマー人はバンコク、カンチャナブリ、パトゥムタニ、サムットサコンなどで働くためにブローカーに1人当たり1万8000~2万5000バーツの手数料を渡してタイに密入国。その後、人が迎えに来る手はずになっていたことから森の中で待っていたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る