タイ海軍が曳航していた「幽霊船」が悪天候で沈没 中国船籍か

タイ南部ナコンシタマラート県の沖で1月8日、地元民から「幽霊船」と呼ばれていた漂流中の貨物船が海軍によって曳航されている最中、悪天候のため浸水して沈没するという出来事があった。

中国の船舶とみられるこの全長60メートルほどの貨物船は6日夜にシェブロン社の油田近くを漂流しているのが最初に確認され、このことが地元当局から海軍に連絡されていた。海軍が調べたところ、船内は一部浸水していて乗組員は誰もおらず、また、船籍など同船の情報を記した書類も船内からは見つからなかった。

海軍はこの船を南部スラタニ県のタパ川の河口に曳航しようとしていたが、途中で悪天候のために船が転覆して沈没したとのことだ。関係筋によれば、海賊関連の船舶被害の報告はないため、同船が海賊に襲われたとは考えにくく、何らかの理由で廃船とされた可能性があるとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る