運河で見つかった切断遺体 橋から飛び込んだ女性か

バンコクの複数の運河で切断された遺体が見つかり、警察が殺人事件の可能性を視野に捜査を進めていたが、2月10日になって、家族から捜索願が出されていた女性とみられる人物が7日の正午ごろにラーマ8世橋からチャオプラヤ川に飛び込む様子が防犯カメラに捉えられていたことが判明。警察は現在、切断された遺体が投身自殺したこの女性である可能性が高いとして捜査している。

遺体がバラバラだったことについて警察では通りがかったボートのスクリューで遺体が切断されたとみている。

女性はバンコク都内ラムカムヘン地区の日本料理レストランで勤務。遺体の入れ墨の模様などが家族から提供された情報と合致していた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る