不法入国容疑でミャンマー人75人を逮捕 カンチャナブリ県

ミャンマーと国境を接する西部カンチャナブリ県で3月7日から8日にかけて不法入国容疑でミャンマー人75人が逮捕された。警察によれば、男47人と女28人の計75人が国境線を越えてタイに密入国したが、その後、ムアン郡(県庁所在地)とサンカブリ郡で捕らえられた。

警察によれば、ミャンマー人たちはタイ国内で働くため一人当たり1万5000~2万5000バーツを支払い、ブローカーの手引きでタイに不法入国している。また、不法入国を手助けした容疑でタイ人の男7人と女1人も逮捕されたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る