北部チェンライ県 密入国で中国人12人を逮捕

関係筋が3月20日に明らかにしたところによれば、北部チェンライ県のチェンコン郡とチェンセン郡でこの数日間にラオスからタイに不法入国した容疑で中国人12人が逮捕された。

これら中国人はラオス、ミャンマー、カンボジアのカジノで働いていた者で、別のカジノで働くべく交通の便がよいなどの理由でタイを通過して目的のカジノに向かおうとしていたものとみられている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る