飲酒運転摘発強化 呼気検査拒否なら血液検査を強制実施

タイ保健省は飲酒運転を減らすため、飲酒が疑われる運転者に対し、呼気検査が不可能な場合は血液検査ができるとの規則を設けようとしている。サティット副保健相は、「運転者が拒否するなどして呼気検査ができない場合、新しい規則では、血液検査を受けてもらうことになる」と説明している。血液検査の結果は、記録として残され、免許更新の際の判断材料のひとつになるという。

なお、血液検査の実施が決まった場合、この検査にかかる費用は年間2000万からら3000万バーツにのぼる見通しという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る