年末年始 長距離バスの運行数を34%増加 帰省客に便宜

長距離バスサービスを提供する官営トランスポート社のチラサク社長によれば、同社は帰省・行楽などで年末年始に長距離バス利用者が急増することから、関係機関や民間部門と協力してバスに乗れない客が出ないようにするとともに、長時間待たなくてもよいようバスの接続も改善する方針だ。

年末年始は1日当たり20万人あまりが長距離バスで移動すると見込まれている。

長距離バスサービスはトランスポート社の認可を受けた民間会社も提供しているが、これら民間会社と協力して年末年始は1日の長距離バスの便数を現在の平均6195便から8289便へと34%増やす予定という。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る