刑務所の面会制限 5月16日から段階的に緩和へ タイ矯正局

 タイ矯正局のアユット局長によれば、刑務所に収容されている受刑者に外部の者が面会することは新型コロナの感染拡大防止のため約1年にわたって禁止されてきたが、5月16日から124の刑務所でこの制限が緩和される予定という。ただ、19の刑務所では感染状況がまだ十分改善しておらず、面会禁止が継続されるとのことだ。

アユット局長は、「昨年4月から対面での面会は禁止され、オンラインによる面会だけが許可されていたが、5月16日からは(124の刑務所では)ワクチン接種完了者や過去24時間にPCR検査か抗原検査で陰性だった人は対面での面会が許可されることになった」と報告した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る