大麻合法化で15万人が栽培許可のためタイ保健省に登録

大麻が6月9日に違法薬物リストから外され合法化されたことを受け、15万人以上が大麻草栽培のためアプリを通じて保健省食品医薬品局(FDA)に登録を行った。

パイサンFDA事務局長によれば、この登録を行うだけで大麻草を栽培することができ、ほかに許可を取得する必要はないという。登録のためのアプリは9日の朝だけで5万回以上ダウンロードされ、15万人以上がこのアプリを使って登録を済ませたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る