一般家庭での大麻栽培 10本に制限か タイ下院委

6月9日の大麻合法化に伴い、各方面から大麻摂取の影響などを懸念する声が噴出し、関連法整備などが進んでいないことが露呈する格好となっているが、下院委員会では現在、家庭で栽培する大麻草を10本に制限することなどが検討されている。これは大麻の乱用を防止することが狙いだが、同委員会の委員の多くが家で栽培できる大麻草の数に条件を設けることに賛成しているという。

なお、家庭菜園などで大麻を育てるには当局への登録が必要だが、これまでに90万人以上が登録を済ませたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る