南部ナコンシタマラート 洪水で甚大な被害 休校相次ぐ

タイ南部ナコンシタマラート県は12月17日、2日間に及ぶ大雨のせいで商業エリアが洪水に見舞われたほか、冠水エリアが拡大したことで35校が休校となった。

地元当局は早期に水が引くことに期待するが、気象局が17日に発表したところによれば、同県では今後も強い雨の降る恐れがあるという。

同県の水利事務所は先に「ムアン郡(県庁所在地)の冠水エリアは17日夜までに状況が改善する」との見通しを示していたが、状況はさらに悪化しかねないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る