メコン川の水位上昇 流域住民に避難呼びかけ タイ東北部

ラオスと国境を接する東北部ナコンパノム県では国境線をなしているメコン川の水位が上昇し続けており、流域の住民に洪水の恐れがあるとして避難準備が呼びかけられた。 メコン川は7月に入ってから1日に10~15センチずつ水位が上昇。とりわけムアン郡、バーンペーン郡、ターウテーン郡、タートパノム郡のメコン川に面しているエリアで洪水のリスクが高まっているという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る