バンコク都庁 運河浚渫で軍や水利局に協力要請

チャチャート・バンコク都知事は7月24日、バンコクが洪水に見舞われるのを防止するため、都庁が軍と水利局の協力を得て、ラートプラオ運河とセンセープ運河の浚渫を進めようとしていると説明した。

都知事の要請に伴い、プラユット首相兼国防相がすでに軍の担当部署に対し、運河浚渫の準備に入るよう指示を与えたとのことだ。ラートプラオ運河の浚渫は7月25日に開始される予定。これによって川底にたまった泥や砂が除去されて運河の排水能力がアップするという。

都知事によれば、降った雨が運河を通じて速やかに排水されないと道路が冠水したりするため、運河の排水能力を維持することは非常に重要とのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る