スイスの公園にプミポン前国王の胸像 9月14日に除幕式

スイスのローザンヌに位置するドゥナントゥ公園に建てられた、プミポン前国王(ラーマ9世)の胸像の除幕式が9月14日、地元当局によって執り行われた。式には前国王の次女であり、ワチラロンコン現国王陛下の妹君であられるマハチャックリシリントン王女殿下が列席された。

2016年に88歳で亡くなられた前国王は若かりしころ、数年間スイスに留学したことがある。そのため、スイス留学経験のあるタイ人グループが前国王を称えてレマン湖を一望できる同公園に胸像を建てることにしたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る