タイ 首相が違法薬物一掃とリハビリ強化指示 野党「政府は手ぬるい」

ノンブアラムプー県で大量殺人事件を起こした元警官の男が違法薬物の影響下にあったされることから、プラユット首相はこのほど、違法薬物の一掃と麻薬中毒患者のリハビリにこれまで以上に努力するよう指示した。

アヌチャ政府報道官は10月10日、「プラユット首相は違法薬物の取り締まりに国を挙げて取り組む必要があると考えており、警察に機動的に対応して国民の信頼回復に努めるよう命じた」と説明した。

一方、最大野党・タイ貢献党のチョンラナン党首は、「政府の麻薬対策は手ぬるい」と批判するとともに、「わが党が政権を担うことになったら、(関係当局に)麻薬撲滅キャンペーンのアドバイスをしてあげよう」と豪語した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る