バンコク都知事が警鐘 「水路にゴミ捨てるな」 罰金徴収も検討

チャチャート・バンコク都知事によれば、バンコク都庁は運河に捨てられたゴミを1日当たり9000トンも回収しているが、マットレスを投棄するなど悪質なケースも報告されており、今後は罰金を科することを検討している。運河に捨てられたゴミが水の流れを妨げ、洪水時の排水に支障が生じているという。

中でもプラカノン排水ポンプステーションの周辺にゴミが集中しており、1日の回収量は5~6トンに及んでいるという。都知事によれば、ゴミが排水ポンプに吸い込まれてポンプが故障するという事例も報告されているとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る