シミラン諸島海洋国立公園の入園制限命令を裁判所が「効果なし」と差し止め

タイ南部プーケット県のプーケット行政裁判所はこのほど、「1月1日~3月21日にかけてシミラン諸島海洋国立公園の1日の入園者数を3850人に制限する」という国立公園野生動植物保護局の命令を「観光産業にダメージが及ぶ」との理由で無効とする決定を下した。

同裁判所によれば、1日の入園者数はこれまで5000人に制限されていたが、これを3850人に引き下げたところで天然資源保護に関しては大差がなく、観光ビジネスが減収を被るだけとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る