南部の観光の島 観光客大幅増の見通し

新型コロナ対策の制限措置の緩和・撤廃に伴い、観光業の回復に期待が高まっているが、タイ南部に数多く存在する観光の島は今年、来訪者が大幅に増加することが予想されるという。そのうちスラタニ県の複数の島では今年半ばに比べて来訪者が60%程度増加する見通しという。

これらの島すなわちサムイ島、タオ島、パンガン島を管轄するタイ政府観光庁(TAT)支部のスパカン支部長によれば、今年1-10月期に2300万人がこれら3島を訪れ、400億バーツを超える観光収入がもたらされたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る