2030年にエイズ新規感染ゼロ

トライスリー政府副報道官は世界エイズデーの12月1日、タイ政府は2030年までにエイズ(後天性免疫不全症候群)の原因であるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染をゼロにすることを目指していると説明した。

保健省疾病対策局によれば、タイでは昨年1年間に約6500人が新たにHIVに感染したが、これは1日当たり18人ほどが感染している計算になる。

また、同局のタレート局長は、「HIV感染のほとんどが避妊具を用いない性交渉が原因であり、その割合は97%にも及ぶ」と説明している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る