バンコク都庁が都内各所に記帳所開設 12月19日から

ワチラロンコン国王陛下の長女、パチャラキティヤパー王女殿下が心疾患で意識を失い、その治療のためバンコク都内の病院に入院されたことを受けて、バンコク都庁は都庁と全50区の区役所に殿下の早期回復を願う市民が記帳できるよう記帳所を開設することになった。

チャチャート都知事は12月17日、「第1都庁舎と第2都庁舎とすべての区役所に記帳所を設ける。記帳は19日から行える」と説明した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る