年末年始の交通事故 死者増加も飲酒運転は減少

関係当局は年末年始の交通事故対策に力を入れていたが、死者数は1年前を上回ってしまった。しかし、保健省によれば、飲酒運転絡みの交通事故は1年前を23%下回ったという。

当局が「危険な7日間」とした昨年12月27日~今年1月2日に起きた交通事故の原因は飲酒運転が40・39%と最多だったものの、1年前と比べると、飲酒運転による事故の件数は22・85%減少し、死傷者数も8・47%減ったとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る