年末年始の危険な7日間 交通事故の件数・負傷者数・死者数が減少

関係当局の発表によれば、昨年12月29日~今年1月4日までの1週間を「危険な7日間」として全国で交通事故防止措置が講じられたが、この期間における交通事故件数、負傷者数、死亡者数はそれぞれ2440件、2437人、317人となり、1年前の2707件、2672人、333人をいずれも下回った。

交通事故件数、負傷者数が最多だったのはそれぞれ13件の南部ソンクラ県、15人の西部カンチャナブリ県。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る