プーケット 4地区を狂犬病監視エリアに指定 感染確認を受け

タイ南部プーケット県ムアン郡(県庁所在地)のバンナヤイ村で動物の狂犬病感染が確認されたことから、県の畜産当局はこのほど、ムアン郡の3地区とカトゥー郡の1地区を狂犬病監視エリアに指定した。これによりこれらの地区では今後1カ月間にわたり狂犬病感染が拡大しないよう監視が継続されることになった。

なお、タイでは昨年、全国で17人あまりが狂犬病に感染して死亡している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る