ドンムアン空港 滑走路修理で一部フライトに遅れ

タイ航空無線社によれば、ドンムアン空港では1月29日~2月1日にかけて西側滑走路の修理が行われるため、一部のフライトに遅れが出るとのことだ。

ソムヌック同社社長の説明によれば、修理が行われるのは西側滑走路の長さ200メートルの区間。東側滑走路は通常通り使用可能という。

同空港では通常1時間に52便ほどが離着陸しているが、工事のため西側滑走路は着陸のみが可能となる。このため、1時間当たりの離着陸は1割減の48便ほど減ることになる。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る