気象局が予想 今年の夏は5月半ばまで厳しい暑さが続く

タイは3月から5月にかけて気温が最も上昇する暑季となるが、タイ気象局は2月10日、気温上昇は2月末に始まり、5月半ばまで厳しい暑さが続くとの予報を発表した。

昨年に比べると気温上昇は数週間遅いが、最高気温は例年より上がる見通しという。平均最高気温は昨年の34・2度に対し今年は35・4度となると予想する。

メーホンソン、チェンマイ、ラムプン、ウボンラチャタニ、ムクダハンといった北部・東北部の県では最高気温が43度に達する可能性もあるという。なお、バンコクの平均最高気温は38~39度の見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る