国家危険物委員会 化学薬品3種の全面禁止要求を却下

タイの市民団体が健康被害などを理由に殺虫剤や除草剤として使われているパラコート、グリホサート、クロルピリホスという3種類の化学薬品の全面的な使用禁止を求めているが、国家危険物委員会は2月14日の特別会議でこの要求を却下することを決めた。

この要求は保健省やオンブズマンが支持していたもので、オンブズマンは昨年12月、同委員会に対しパラコートを2020年1月1日から使用禁止とするよう提言していた。

同団体は今回の決定に反発し委員会を中央行政裁判所に訴える構えを見せている。ただ、委員会では、代替品が見つかるまで化学薬品3種の農業分野での使用を認めるというのが委員会の立場であり、訴えられる理由はないとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る