タイ・ライオン・エア所有の737MAX9型3機が1週間運航停止

タイ民間航空機構(CAAT)は3月13日、アフリカなどでボーイング737MAX8型機が墜落する事故が半年間に2件起きたことから737MAXの安全性への懸念があるとして、タイの格安航空タイ・ライオン・エアの保有するMAX9型3機の運航を14日ら1週間停止して安全対策を検討することを決めたと発表した。

タイ・ライオン・エアは代わりに他のタイプのボーイング737型2機とエアバス1機を運航させる予定。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る