政府が中部5県に干ばつ対策を指示 今年は暑季が長期化

チャチャイ副首相は4月3日、水源管理などの視察のため訪れた中部ピサヌローク県で、同県を含む中部5県が深刻な干ばつに見舞われる恐れがあるとして、5県の知事に対し、先頭に立って干ばつ対策を推進するよう指示した。他の4県は、スコータイ、ピチット、カムペンペット、ナコンサワン。

気象局によれば、今年の夏は例年より期間が長く、乾燥も厳しいと予想されるという。

関連記事

ページ上部へ戻る