アフリカ豚コレラ対策に1億4800万バーツ タイではまだ感染例なし

タイ政府は4月9日の閣議でアフリカ豚コレラの感染拡大を防止する計画に総額1億4800万バーツを投入することを決めた。

アフリカ豚コレラは豚やイノシシがかかる伝染病。症状が豚コレラと似ているが、アフリカ豚コレラと豚コレラはまったく別の病気。アフリカ豚コレラはアフリカ南部の国々、ロシア、中国、カンボジア、ベトナムなどで発生しているが、タイでは今のところ感染が確認されていない。

タイ政府担当者は、「我が国ではアフリカ豚コレラの豚への感染は報告されていないが、感染がタイに及ぶことを想定して対策を立てておくことが必要」と説明している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る