バンコク都心の大型商業施設で火災 死者2 重軽傷17

バンコク中心部のラートプラソン交差点に面する大型商業施設「セントラルワールド」および隣接する高級ホテル「センタラグランデ」の敷地内にある16階建てビルの8階で4月10日午後5時すぎ火災が発生。約1時間半後に消し止められた。

首都圏警察によれば、この火事で2人が死亡、17人が負傷した。出火時、ビルの中には約100人がいたというが、このうち男性従業員は煙に巻かれ窓から飛び降りて死亡した。

関係当局が原因究明に動き出しているが、これまでの調査によれば、8階の文書保管室もしくは駐車していた車が火元とみられるという。アサウィン都知事によれば、原因を突き止める調査のためビルの一部は立ち入り禁止とされたが、今後火災を防ぐためのシステムなどについて徹底的な調査が行われる予定だ。

なお、今回の火災については、現場で1人、搬送先の病院で2人の計3人が死亡したとの報道もある。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る