バンコク都庁による歩道修繕にネット上で批判 「予算消化のための不要工事」

バンコク中心部のナナ地区でバンコク都庁による歩道修繕工事が進められているが、ネット上ではこの工事について「問題のなかった歩道が壊されている」といった批判が出ている。

ネット上には、歩道のタイルを剥がして工事をしている現在の写真と工事前の歩道の写真が投稿されているが、以前の写真にタイルが剥がれたり浮き上がったりしている個所はなく、修繕が必要なようには見えないという。

ネット上では、「割り当てられた予算が余ると次年度で予算をカットされるため、予算を使い切るために必要のない工事をしている」との声が多数上がっているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る