長期滞在外国人に健康保険加入を義務化 タイ保健省

タイ保健省健康サービス支援局のナタウット局長は5月13日、タイに長期滞在する50歳以上の外国人に健康保険加入を義務づけることを明らかにした。タイ英字紙が報じた。これはタイ国内の病院で治療を受けた外国人が治療費などを支払えず、病院側の財政的負担が拡大していることを受けてのもの。加入する健康保険の補償範囲は、通院治療で4万バーツ以上、入院治療で40万バーツ以上であることが必要。対象となるのは、1年間の滞在が許可されるノン・イミグラント・ビザ(ロングステイビザ、カテゴリーO-A)。

関連記事

ページ上部へ戻る