タイ南部 テロリストによる警官の犠牲を減らすためドローン活用

イスラム過激派のテロが頻発し治安が極度に悪化しているタイ最南部3県のひとつ、ヤラ県でこのほど、ムアン郡(県庁所在地)にある警察施設でドローンを警察活動に活用するためのトレーニングが行われ、警察官48人が参加した。トレーニングは今回で5回目。参加者は合計246人となった。

最南部ではパトロールや捜査の最中に警察官や兵士が過激派に襲われることも少なくなく、警察ではドローンを活用することで犠牲者を減らすことができると期待している。

関連記事

ページ上部へ戻る