デング熱感染者増加 蚊駆除のため自宅周辺の水たまりをなくすよう呼びかけ

タイ保健省では、子どもがデング熱に感染するケースが増えていることから、子どもと保護者に対し、デング熱ウイルスを媒介する蚊を駆除すべく家の周辺の水たまりなどをなくすよう呼びかけた。

スクム保健事務次官によれば、今年1月1日~5月13日までにタイ国内でデング熱に感染したのは合計2万733人。うち25人が死亡した。また、感染者の52%が学校に通っている子どもとなっている。

同事務次官は、「降った雨がたまるような容器状のものを取り除くこと。水がたまると蚊が卵を産み付け増殖しデング熱に感染するリスクが高まる」と説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る