新生児の梅毒垂直感染 今年に入り約250人 タイ保健省発表

スクム保健事務次官は、今年1月1日~5月13日までに梅毒感染が確認された新生児が249人に上ったことを明らかにした。これらは梅毒にかかった母親から血液を介して、あるいは分娩の際に産道から感染した垂直感染によるものだ。

梅毒は投薬により治癒できる性感染症だが、発見・治療が遅れた場合、死に至ることもある。

関連記事

ページ上部へ戻る