タイ東北部で1億4000万年前に生息していた肉食恐竜の足跡発見

プーパーレック国立公園のランサン公園長によれば、東北部サコンナコン県にある仏教寺院の近くで肉食恐竜の足跡とみられるものが数十個発見されたという。東北部カラシン県の化石調査チームが寺院の周辺2カ所で調査を行っていて見つけた。

専門家によれば、足跡は人の手のひらサイズで、1億4000万年前に生息していた肉食恐竜のものと考えられるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る