タイ国鉄 6月1日から長距離列車の食堂車を廃止

タイ国有鉄道(SRT)によれば、バンコクと地方を結ぶ長距離列車の食堂車は老朽化しており、赤字続きであることから、6月1日以降、古い長距離列車については食堂車を外すことが決まったとのことだ。角丸ボタン-S

SRTの調査の調査により食堂車は売り上げで燃料費や維持費を賄えていないことが判明したことで廃止が決まった。

関連記事

ページ上部へ戻る