連続殺人犯のミイラ 説明から「人食い」を除去 シリラート医学博物館

バンコクのシリラート病院にあるシリラート医学博物館は「死体博物館」とも呼ばれているが、同病院はこのほど、博物館に展示されている連続殺人犯のミイラの説明書きから「人食い」との文言を外した。

連続殺人犯はシーウイという名の男で、60年以上前に子ども7人を殺害し、遺体から内臓を取り出して煮て食べたとされるが、本人は内臓を食べたことに関しては否認していたという。

シリラート病院の担当者は、説明書きを変更したことについて「我々は彼が人の内臓を食べたかどうか判断する立場にない」と説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る