豚肉大量密輸か アフリカ豚コレラ感染拡大の恐れ

畜産開発局のソラウィット局長によれば、バンコクのオンヌット地区で密輸されたとみられる558頭分の豚肉約1.4トンが見つかったことで関係当局は「豚肉密輸によりアフリカ豚コレラが国内で蔓延するのではないか」との懸念を強めている。

豚肉の所有者は、豚がどこで育てられたかには言及していないが、バンコクのレストランに食材として販売するつもりだったと述べているという。

なお、アフリカ豚コレラは最近、欧州、アフリカ、中国、モンゴル、ベトナムで豚への感染が確認されている。タイでは感染例は報告されていないものの、タイ国内で感染が拡大すると養豚業に甚大な被害が及ぶことから豚肉製品の外国からの持ち込みを禁止するなど予防的措置が取られている。

関連記事

ページ上部へ戻る