乗り合いバンは4台に1台が使用不可へ

運輸省陸運局のチャチャイ局長によれば、バンコク首都圏で乗り合いサービスを提供しているバンは年内に4台に1台が使用不可となるという。これらのバンに代わりミニバスが導入される予定で、2028年までにすべてがミニバンに入れ替えられることになる。

首都圏で路線バスとは異なるルートでの乗り合いサービスに使われるバンは、製造から10年までと決まっているが、現在使用されているバン約4000台のうち954台が年内に10年目を迎えることになる。

今回のチャチャイ局長の説明は、「陸運局がライセンスを更新しなければ、来月からバンが使用不可となり、その台数は1800台にのぼる可能性がある」とバン運転手協会が指摘したことに伴うもの。しかし、同局長によれば、この指摘は間違いで、「陸運局によるライセンス更新が認められず全国で約1500台のバンが乗り合いサービスで使用できなくなる」とするのが正しいとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る